スポンサーリンク

【朗報】「ゼルダ」や「ダークソウル」の影響を受けた『Hyper Light Drifter』Switch版が独占コンテンツを含んだ「決定版」として発売決定!!TVモードなら1080p 60fpsでの動作も!!

[コメント(0)]

話題の記事一覧

http://jp.automaton.am/articles/newsjp/20180531-69016/

インディースタジオHeart Machineは、3月21日にNintendo Switch版『Hyper Light Drifter』を発表した。ゲームエンジン「GAMEMAKER STUDIO 2」がNintendo Switchに対応すると告知した約2週間後、華々しく同ハードでデビューすることが明かされた。そしてこの度、傑作と評価され大ヒットを記録した『Hyper Light Drifter』は、Nintendo Switch向けに厳密に最適化され、さらに独占コンテツを含んだ「決定版(Definitive Edition)」として発売されることが判明している。

まず独占要素のひとつとしては、「ダブルソード」があげられている。「ダブルソード」と聞けば武器のように聞こえるが、本作では剣を交換していくゲームではないので、スキルやサブウェポンの扱いになるかもしれない。GameXplainの公開した映像では、剣を飛ばすドリフターの姿が確認できる。どういった導入になるにせよ、スタイリッシュな戦い方を演出するオプションになりそうだ。また詳細は不明ながら、新たなエリアも追加されるという。本作のエリアは、ひとつひとつが緻密に作り込まれている。エリアはどの程度追加されるか不明であるが、小規模に追加されるだけでも、冒険が大きく拡張されるだろう。

またスペックに関しても、移植およびパブリッシングを担当するAbylightが、TVモードなら1080pの60fpsで動くと説明している。同作の他機種版(PC/PS4/Xbox One)は30fpsで動作するタイトルとして発売されたのち、60fpsに対応していた。Nintendo Switch版では初期から60fpsで動作するようだ。他機種版と同等のスペックで動くことはもちろんのこと、数々の独占要素が含まれていることは朗報だろう。Nintendo Switch向けのベタ移植タイトルは多いだけに、オリジナル版のファンにもふたたび手にとってもらえるアプローチではないだろうか。

『Hyper Light Drifter』は、2016年3月にPC向けに発売されたアクションゲームだ。プレイヤーは忘れ去られた知識や技術を収集する「ドリフター」となり、自身を蝕む不治の病を治癒するため、忘れ去られた時の島を探検することになる。『ゼルダの伝説』や『ダークソウル』といった作品から影響を受けて開発されてだけにあり、細かくデザインされた広大なエリアの冒険と、殺気に満ちた敵の攻撃およびトラップがプレイヤーを待ち受ける。ピクセルアートで描かれる美しくも禍々しい世界観や、挑戦的なゲームデザインが高評価を博し、数々のゲームアワードを受賞した

<中略>

Nintendo Switch版『Hyper Light Drifter』は2018年夏に発売予定。日本向けの展開も予定されている。

全文を読む

 

Hyper Light Drifter スイッチで出るの!?
PC版難しすぎて挫折しちゃったし買い直すか…!?!?
ゼルダとダクソに影響されてるとな。面白そう。
Hyper Light Drifter、スイッチ版は独占要素有りなん・・・!?
うーむ 既にsteam版を遊んじゃったけどスイッチ版も購入検討するかー

おすすめ!スイッチ持ってる人ぜひ!

Hyper Light DrifterとUNDERTALEが面白そうだなー買ってみようかしら
同時にパワプロやる時間がドンドン無くなるが…w
Hyper Light Drifter PC版でやったけど超面白いしビジュアルが最高なのでオススメやで
値段が思ったより高くて、手を出せずにいた、Hyper light drifter、
買ってプレイしてみたら、めちゃくちゃ面白い。
カ◯コに似ているけど、こちらは全然普通に面白い。
値段が大分違うから比べるのもどうかとは思うけど…テンポもギミックの面白さもバランスも秀逸
Hyper Light Drifterは神ゲーだからみんなやって欲しい


※PS4版のトレイラー


スポンサーリンク

スポンサーリンク

オススメ記事

スポンサーリンク

人気急上昇記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。