スポンサーリンク

【悲報】ニンテンドースイッチ「ver 3.0.0」までの脆弱性を利用したHomebrew開発ツールが一般公開されてしまう。

[コメント(3)]

話題の記事一覧

【!?】ハッカー「Switchをバージョン3.01に上げてはならない」

2017.08.18

http://gamegaz.com/2017100820984/

記事によると

・海外のハッカーチームが、本体バージョン「3.0.0」までのSwitchに、sm:h/smhaxというシステムモジュールにビルトインされているサービスマネージャー(“sm”)がユーザーに対してフルパーミッションを与えてしまう脆弱性を発見。
・その脆弱性を利用した、Nintendo Switchで「Homebrew」を開発するためのツールを公開。
・現状は3.0.0でしか使えないが、exploitが新たに発見されれば現バージョンでも使用できる可能性はある。

公開されたツール

PegaSwitch 3.0
Switch OS 2.0.0-3.0.0に対応したWebkit exploitのツールキットで、IPC(プロセッサ間通信)のサポートやAPI(ソフトウェアのやりとりに使われるインターフェイス)などをSwitchプラットフォームに実装できます。

libtransistor
SwitchのオープンソースSDKのHomebrew開発プラットフォームです。

Mephisto
ゲーム以外のSwitchバイナリ向けエミュレータで、GDBデバッガとしても使用可能。IDAを使ったシステムモジュールのソースレベルのデバッグも可能です。ただしゲームの開発用途には使用できません。。

SwIPC
IPCメッセージの標準的な仕様を定義するためのプロジェクトです。

管理人
いつの時代も人気のハードはハッカーの標的になってしまいやすいのか。
やっぱりブラウザ機能は怖いから付けてほしくないなぁ。



スポンサーリンク
オススメ記事
スポンサーリンク
人気急上昇記事
スポンサーリンク


この記事へのコメント

  1. 1 スイッチ名無しさん 2017/10/11(水) 10:55:46

    さすがハッカーやな

  2. 2 スイッチ名無しさん 2017/10/11(水) 16:45:44

    チートツールはよ

  3. 3 スイッチ名無しさん 2017/10/12(木) 01:42:16

    MODに大草原って言ってたやつが何言ってんの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。