【朗報】Switch用作曲ソフト「KORG Gadget」が2018年春に発売!!複数人プレイなど独自要素を搭載!!スイッチ可能性秘め過ぎだろwwww

[コメント(0)]

話題の記事一覧

Nintendo Switchに作曲ソフト「KORG Gadget」が登場。複数人プレイなど独自要素を搭載して2018年春にリリース予定

http://www.4gamer.net/games/400/G040018/20171030012/

DETUNEとコルグは,2017年10月29日に東京流通センターで開催された音系・メディアミックス同人即売会のM3-2017秋において,Nintendo Switch用ダウンロードソフト「KORG Gadget for Nintendo Switch」のプレイアブル出展を行った。

DETUNEの出展ブース。見切れているのはDETUNE代表取締役社長の佐野電磁氏

本作は,Mac/iOSでリリースされているDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)の「KORG Gadget」をNintendo Switch用に最適化したもの。価格は未定で,発売は2018年春と予定されている。

コルグの出展ブースでは,本作とMac/iOSの「KORG Gadget」が出展されていた。ちなみにMac/iOS版に関して,新たなガジェットのラウドネスマキシマイザー「DeeMax」とシンセサイザー/サンプラー「Lisbon」「Vancouver」が発表されている

 

本作はJoy-Conを用いたボタン操作に対応しているほか,ジャイロセンサーによる入力が可能となっている。これは,Joy-Conを傾けるとそれに合わせたノートが書かれるという機能で,アナログ感覚での打ち込みが可能だ。スケールを指定することで,特定の音階だけにノートを書くこともできる。

ジャイロセンサーを利用したJoy-Conの角度による入力。スケールの指定が可能だ
上の画像とは異なるスケールを指定した場合。このような細かいフレーズも一気に入力できる

また,最大4人での同時プレイが可能となっているので,「俺はスネア打つからお前はキック打って」や「僕はリード書くから君はベース書いて」,あるいは「貴様が打ったハイハットを全部消す!」などのプレイが可能だ。まあ,ケンカになるので他人の邪魔はギャグで済む範囲までにするといいだろう。

複数人でひとつの曲を編集することが可能。ある意味で対戦ゲーム的なプレイ感覚もあるという

初期状態で収録されているガジェット(音源)は,現在検討中とのことだが,iOS版の初期状態と同じ程度を予定しているという。筆者としては,せっかくのゲームハードなので,KAMATA(旧ナムコが「マッピー」や「ドルアーガの塔」などに用いていた波形メモリ音源“C30”を再現し,ガジェットとして構築したもの。Mac/iOS版で提供中)のリリースに期待したいところだ。

 

Twitter

ローカル通信で4人同時で曲が作れるって・・・・
本当ですか!?やった〜!
3DSのKORG買おうか迷ってましたが、Switchのリリースを待つことにします!
KORG GADGETまでSwitchにくるとか……Switchは本当に可能性を秘めすぎてるハードだ
KORGってほんとに面白い会社だな…ニンテンドーDSで出たDS-10と同じ雰囲気でニンテンドーSwitchでDAW出してくるとかもうKORG様々だよ…KORG様って感じ。復刻にお楽しみ要素とかコアな部分攻めすぎてる
おーこれはとっつきやすいかも



最近のゲーム機とDAWの組み合わせは確かに相性良さそうですね!

Swtich版KORG Gadget、DS-10とかM01DとかをSwitchに移植&ガジェットとしてインポート可能になったら最高なんだけど、まあ流石にそこまでは無理よな。
korgガジェットがSwitchででるのか,スゲーな……
Windows版が待ち遠しいけど、DTMへの入り口が増えるのは良いこと。

操作性的にはタブレットの方が上だと思うけどどうなんだろね……

管理人
なんかすごいキタ――(゚∀゚)――!!DAWやりたいけどなんとなく敷居高くて二の足を踏んでる入門者にも最適ですね。なんでも出来ちゃうなースイッチ



人気急上昇記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。