【異例】スイッチ版「スカイリム」のパブリッシャーはベセスダ・・・ではなく任天堂が担当することが判明!!

[コメント(5)]

話題の記事一覧



海外向け任天堂公式のE3特設ページには、さまざまな出展タイトルが表示されている。その中のNintendo Switch向け『The Elder Scrolls V : Skyrim(以下、スカイリム)』のページにて、任天堂が同作のパブリッシングを担当することが明かされている。

該当ページの上部には、パブリッシャーが任天堂、そしてデベロッパーがBethesda Game Studiosであると記されている。Bethesdaは言わずと知れたメガパブリッシャーであり、『スカイリム』のような自社開発タイトルは、開発元をBethesda Game Studiosとし、パブリッシャーをBethesda Softworksが担当するという形でゲームを販売してきた。同社が自社開発タイトルのパブリッシングを他社に任せるというケースはまずない。今回任天堂がパブリッシャーを担当するのは極めて稀なケースといえるだろう。

管理人
どういう経緯なんだろう。ZERO Z 指定の任天堂パブリッシングタイトルは初?



人気急上昇記事


この記事へのコメント

  1. 1 スイッチ名無しさん 2017/06/15(木) 07:49:58

    ZERO Zになっとる

  2. 2 スイッチ名無しさん 2017/06/15(木) 10:46:53

    cerozタイトル自体は出てたけど(それでも任天堂機全部で8本)パブリッシングするのは初めてだな
    まぁ、そもそもかなりの後発だし任天堂が頑張って宣伝しないと大きくは売れないタイトルだろうからこれが正解だわな
    その宣伝の一環がブレワイリンク装備ってこったな

  3. 3 スイッチ名無しさん 2017/06/15(木) 11:00:22

    任天堂が直々にZタイトル出すとか史上初やん

  4. 4 スイッチ名無しさん 2017/06/15(木) 15:16:59

    洋ゲーアレルギーの人も触ってみてくれるといいね

  5. 5 スイッチ名無しさん 2017/06/15(木) 16:49:27

    この体型なら緑リンク装備の方が似合うと思うんだけどなw そっちもDLCで来ないかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。